醸し人九平次 EAU DU DÉSIR


Kamosibito Kuheiji EAU DU DÉSIR

醸し人九平次EAU DU DÉSIR、Kamosibito Kuheiji EAU DU DÉSIR、日本酒、おすすめ、飲み方、燗、飲み頃、温度  
純米大吟醸酒
山田錦 精米歩合:50%
アルコール分:16% 
萬乗醸造 [愛知県]
内容量:1800ml
参考価格:4千300円

銘柄の特徴

萬乗醸造は1960年創業。原料にこだわり、自社の田んぼを保有して自ら米を育てるドメーヌ・スタイルで日本酒を造っています。またその思想の原点となったワイン造りにもフランス・ブルゴーニュで取り組んでいます。「醸し人九平次」は蔵の主要銘柄で、国内外でも人気が高く、パリのミシュラン認定3つ星レストランでも提供されています。酒名は代々蔵元が襲名する名より取られたとのことです。純米大吟醸の「Désir et Sauvage」シリーズには山田錦で仕込んだ 「EAU DU DÉSIR(オウ・ド・デジール)」と雄町の 「SAUVAGE (ソバージュ)」の二種があり、精米歩合・醸造方法は全く同じで米の品種のみが異なります。EAU DU DÉSIRは「希望の水」、SAUVAGEは「野性味」という意味です。蔵元が、ワイングラスで飲んでほしいというほどの華やかな香りが特徴です。

 

香り

熟したバナナ、メロン、桃を思わせる、厚みのある甘い吟醸香。

 

味わい

果実の熟した甘みと旨味に加えて、苦み、酸味が複雑に折り重なり、ボリューム感とコクがある。

 

おすすめのシチュエーション

大人数の華やかな場から少人数でじっくり味わう場まで様々なシーンにマッチします

 

総合評価: 4.3 

飲みごろ:開栓後1週~

最適温度:33℃


最新価格のチェックはこちらで↓